時計を選ぶ場合、3つのステータスポイントを抑える!

自分の経済力をアピールする

時計は、自分の経済力をアピールすることができるアイテムとして捉えられています。あまりに安っぽい時計を身につけていると、『経済的に余裕がない人』や『お金に不自由している人』という印象を持たれてしまいます。時計1つでその人の経済力が見えてしまうので、なるべく収入に合う範囲で高価なものを選ぶと良いでしょう。経済力をアピールするポイントとなるので、厳かにしないよう注意が必要です。また、借金してまで購入することは避けましょう。

ブランドの知られた時計にこだわる

時計に安価なものから高価なものまであるように、ブランド名の知られているものから知られていないものまであります。時計をつけていて『すごい!』と思われるためには、高価でかつブランド力のある時計を選ぶようにしましょう。さらに、そのブランドを誰もが知っていると良いです。お金持ちしか知らないブランドやただ高いだけの時計よりも、幅広い層に知られているブランドの方が影響力は強いので、そういうブランドの時計を買うようにしましょう。

最終的にオシャレな時計を選ぶ!

高価でブランド力のある時計を買うことを決めたら、後はオシャレなものを選ぶようにしましょう。このとき、高価であればあるほど、また、ブランド力が強ければ強いほど、時計のデザインがギラギラしてしまうため注意しましょう。あまりにもギラギラしてしまうと、逆に悪いイメージがついてしまうので気をつけましょう。なるべく落ち着いてたデザインにすることが、オシャレなポイントになります。宝石や金銀の装飾だと、圧倒的な経済力をアピールすることができますが、近づきづらくなってしまうので、避けるようにしましょう。

タグ・ホイヤーの腕時計には、アクアレーサーや、エレノア、カレラ、モナコなど様々なシリーズがあります。