屋上緑化ってなに?効果にはどんなことがある?

屋上緑化でなにかいいことあるの?

近年ヒートアイランド現象にとる都市部の高温化が問題となっています。日本最大の都市東京の気温は100年で3℃も上昇しているのです。そのため都市部では熱帯夜、ゲリラ豪雨、熱中症の増加などの問題が発生しています。ヒートアイランド現象の対策のひとつとして屋上緑化があるのをご存じでしょうか。屋上緑化をすることでその建物や周辺の温度上昇を緩和することができるのです。屋上緑化による効果とメリット、デメリットについてみていきたいと思います。

屋上緑化の具体的なメリットって?

屋上緑化することによるメリットにはどんなことがあるでしょうか。大きなメリットのひとつは、屋上緑化によって直射日光をさえぎり断熱効果を得られます。植物の保水効果と気化熱よって建物やその周辺の気温の上昇を抑える効果があります。夏場の温度上昇を抑えるだけでなく、冬場には保温効果が得られ、年間を通して省エネ対策ができます。植物の保水力には豪雨による都市型洪水を緩和する効果も期待できます。このほかにも二酸化炭素(CO2)の削減や癒し効果があります。都市部のビル群の中に緑があるだけで気持ちが癒されるものです。

デメリットは何?注意することは?

いいことずくめのようですが、屋上緑化にもデメリットがあります。デメリットのひとつに屋上緑化する建物の屋上には防水処置を施さなければなりません。植物が根を張ることで建物が損傷して水漏れなどを起こす場合があるので注意が必要です。このほかには、植物によって重量が増加するので建物の強度を考えた上で屋上緑化の導入をしなければなりません。このようなデメリットもある屋上緑化ですが、温暖化対策や省エネ対策、緑による癒し効果などメリットのほうが勝っているのではないでしょうか。

温暖化対策として注目されているのが屋上緑化です。商業ビルなどの屋上に木や花を植え公園のようにして開放しているところもあります。